BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 起業
  4. クラウドファンディングの活用について

クラウドファンディングの活用について

社長と呼ばれることに慣れて来た、鶴田です。

知ってました?
クラウドファンディングのクラウドって「cloud」ではないって!
正解は、後ほどわかります。

起業のがうまくいかない理由の多くはこの三つです。

  • 資金不足
  • スキル不足
  • 経験不足

そして、それらを相談相手がいないってところですね。

今回はこの資金不足について書きたいと思います。
Room8では、起業支援を行なっているのでお金の相談はよく受けます。

そして今回は資金調達について!

補助金・助成金・融資についてはこちらを見てください。

http://dev.room8.co.jp/kigyou-how-to-%EF%BC%94

補助金と助成金は、行政に費用を負担して貰える制度です。
(条件は色々ありますが)

融資は、金融機関からの借り入れです。

資金調達

why

補助金や助成金は、かかる費用を負担してくれる制度なので資金調達というよりは
どちらかというとコスト削減という意味合いが強いです。

単純に資金調達で代表的なのが、融資ですね。

そして、今回話そうと思うのが話題のクラウドファンディングです。

クラウドファンディングとは

ここに書いてあったので見てください!(笑)

【今さら聞けない!?】クリエイター、起業家が利用する『クラウドファンディング』のあんな事、そんなん事

クラウドとつくとcloud(雲)をイメージするひとが多いですが、クラウドファンディングのクラウドはCrowd(群衆)です!

どうやってお金を集めるか?

クラウドファンディングの定義的には、インターネットを活用してcrowd(群衆)から資金調達というようなイメージです。

最近だと、キングコング西野さんがクラウドファンディングで成功して話題になりましたね。
その西野さんを見てこんなお金の集め方があるんだ!

って思った人も多いと思います。

そしてネットでクラウドファンディングでググるとこんな説明をしているところもあります。

クラウドファンディングを利用すれば“ネットから簡単にそのお金の募集を呼びかることが可能”

これを見ると簡単にお金が手に入ると勘違いする人が多いのですが
募集が簡単なだけで、調達が簡単なわけではありません。

crowd(群衆)から集めるといっても、ネット上の不特定多数の人から集めるというよりは、その人が持っているクラウド(群衆)からお金を集めるのです。

要は、その人が持ってる人脈や環境を駆使しながら地道なPR・営業をする必要があります。
そして、自分が持ってるクラウド(群衆)を広げる活動が重要です。

見ず知らずの人の夢を応援したいなんていう人は稀です。

そんなことない!
って人、僕にも大きな夢があります。
是非Room8に支援をお願いします!
リターンとして、支援金の5割り増しぐらいでRoom8サービスを提供します。
会費でもいいですし、Webサービス等でもいいです。
支援したいという人は、お問い合わせフォームからお願いします。

と言っても、そんな支援は来ないことは知ってます。

僕の夢は嘘偽りはありません。
だからと言って、そこにお金を払う人はいないのです。

そう言うことなんです。
見ず知らずの人があなたの夢を応援してくれるなんてことは殆どないのです。

西野さんが成功したのは、西野さんが持っているクラウド(群衆)が大きかったのです。
メディアに出たりイベントをしたりしながらそういう活動をつづけたのです。

西野さんであろうとも、ただクラウドファンディングに乗せただけでは達成は難しかったでしょう。

結局、自分で・自分達でお金を集めるのです。

じゃあクラウドファンディングのメリットは?

自分で集めるならクラウドファンディングを使う必要ないじゃんって思うかもしれません。

そうでしょう。

僕もそう思ってました(笑)
2年ぐらい前に僕もクラウドファンディングを知りちょっとやってみようかと、問い合わせて話を聞いたのですが、結局自分で集めるなら意味ないじゃんって
クラウドファンディングを使わずに友達とか知人に声かけて集めたらいいと

本当のメリットは、宣伝効果!

9feb43e68a792e02671dfddd1d736b5b_s

本当のメリットは、宣伝になると言うことです。
クラウドファンディングのサイトで宣伝してくれるというのもありますが、それ以外にも告知宣伝用のクオリティーの高い動画やサイトやページやチラシなどを作ってくれるところもあります。

これら営業ツールを作ってくれるとうのは大きなメリットです。

あなたが活動する上でこれら営業ツールがとても役立ちます。

ガジェット系

例外としてガジェット系は、これは便利!っていうものを作ればガンガン営業しなくても達成したりします。

例えばこれ

https://www.makuake.com/project/qrio-smart-lock/

目標額1,620,000円の所、27,489,780円と成功しています。

これは便利というのと同時に、支援すると25%OFFで購入できるのです。
というのが大きいですね。

こういう画期的で便利なアイデアがあればインターネット上のクラウド(群衆)から資金調達できる可能性もあります。

さいごに

色々と書きましたが、クラウドファンディングで成功するには、あなたが持っているクラウド(群衆)を拡大するために地道な草の根活動が必要です。

ガジェット系にしても、そうではないものにしても
やっぱり最後には人の心を動かす必要があります。

どんなにすごい意味のあるプロジェクトでも人の心を動かすことができなければクラウドファンディングは成功しません。

「こんなことをやりたいんだ!」でなく「こんなメリットがありますよ!」

と訴えた方が成功率は上がると思います。

そんなRoom8もクラウドファンディングの会社と提携することになりました(笑)

興味のある人はお問い合わせから!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事